おくるみのブログ(カテゴリー: ギフト

2021年2月24日

ラッピング教室

今日はラッピング教室でした。
現在デパートで働いている方と元雑貨屋さんで働いていたという2人。

ラッピングはこれまでやってきたけど自信が持てないというお悩みでした。
リボン結びを重点的に練習したいとご要望があり
・十字蝶結び
・トリプルループ
・フォーループ
・リボンを重ねたボリューム結び
・表裏のあるリボン結び
の内容で進めていきました。

なぜ綺麗にリボン結びができないのか
2人のこれまでの手の癖や
ポイントをしっかり何度も指摘させていただき
最後には手直ししないでも綺麗に仕上がるようになりました。

最初は「え~そんなのできない」とか
「ちょっとそれ省いていいですか」言っていた2人が
「大事なところを丁寧にしないと逆に大変だと分かった」
とゆっくりポイントを確認しながら
進めてくださったのと
私もリボン結びの論理的な説明ができて
それが伝わったのが嬉しかったです。

最後には好きなペーパーとリボンを選んでもらって
自分で好きなようにリボンを掛けてもらいます。

2人とも「自分の部屋に飾る!」とのことで、手のひらから
美しいものが生まれていく喜びを感じていらっしゃるのが伝わってきました。

ラッピングは本でも学べますがそれほど細かく説明されていません。
ご自身の癖を見抜き、やりやすい方法を提示してあげることは
ラッピング教室ならではだと改めて思いました。

お店でラッピングをお願いされて
「苦手だな~」と包むよりも自信を持って
綺麗に仕上げてあげると貰う人もお客さまも、そして自分も嬉しいです。

ラッピング教室ご要望に応じて
開催しておりますので、ご興味ありましたらお問合せください。

ご自身で選んでもらったリボンとペーパーの組合せ。
可愛らしいポップなラッピングとシックで大人っぽいラッピングが出来上がりました。

2019年10月29日

ラッピング教室

愛媛県から可愛い女の子がラッピング教室にやってきました。
おくるみではラッピング教室はこれまでやったことがなかったのですが
「ラッピングレッスンやってくれませんか?おくるみさんにどうしても習いたいんです!!」
しかもわざわざホテルに宿泊までしてやってくるとのこと。

まぁ!若いのに今どきこんな風に頼めるなんていいじゃない!!(おばちゃんです)
そしておくるみで習いたいという嬉しい言葉に数日悩んで引き受けることにしました。

ちょうどおくるみでもお店だけで包むのではなくて
料理やDIYを楽しむように全ての人にラッピングをもっと身近に楽しんで欲しいと思っていました。

旅行で訪れたヨーロッパではラッピング屋さんが街のあちらこちらにあって
男性も女性もプレゼントするときには自分でラッピングして贈る文化がありました。

日本ではプレゼントを贈る機会はたくさんあるのにラッピングはほとんどお店任せ・・・。
こんなに心ときめく楽しい作業なのに勿体ないなと感じていました。

(日本はおもてなし精神もあり、お店のサービスが手厚いのと
外国ではちょっとしたことも自分でやってしまうという違いがあるのかな~)

さて!ラッピング教室は3日間連続。
宿題を出し、テストも行うというスパルタです。
だってせっかく海を越え鎌倉までやって来たのです。
この3日間で基本のことは完璧にできるようにして帰したいと思っていました。

プロとして気をつけていること、
どうやったら一発で綺麗に包めるのか
教えられることは出し惜しみせず伝えました。

包みたいプレゼントを持ってきてもらって
贈りもののテーマを立ててもらい、それに沿ってペーパーとリボンを選ぶ。
渡す相手がいて、その人を思い浮かべながら選ぶペーパーとリボンは
ラッピングのテクニックを教わるのとはまた違った気持ちのスイッチが入ります。

自分でプレゼントを持ってきてもらったのも良かったです。
プレゼントはOPPに包まれた四角い紙製品だったのですが
練習用に使っていた箱と違ってOPPは滑ります。
力をかけすぎず、ほどよい力で包むことなども教えることができて
品物によって調節することがある、全ては同じようにいかないので
よい加減を見つけていくことなども伝えられたので良かったです。

3日間一緒に過ごして、私もずーっと楽しかったし、生徒さんの熱心さも伝わってきたので(せっかくの鎌倉なのにホテルで練習をしていたらしい)、最後はお別れするのが寂しくなってしまいました。

たくさんのことを一度に教え込みましたが、最後は相手を想えたかどうかが一番大切だと教えました。
ラッピングのルールよりも、綺麗に包めたかどうかよりも、相手のこと。ラッピングのテクニックに走りすぎてもいけないし、ラッピングが華美すぎてラッピングが主役になってはいけない。それさえ間違わなければ大丈夫。愛媛でラッピングの正解が分からなくなってもこれを思い出して欲しいです。

そしてラッピング教室という踏み出せなかった機会をもらって
これからラッピング教室をやってみようかなと考えています。

クリスマス前にプレゼントを持ち寄ってもらって
自分で包んでみるというのはどうでしょう?
きっと楽しい時間を過ごせると思います。

近々その案内をいたします。どうぞお楽しみに!

2019年3月26日

ギフト販売はじめます

おくるみでセレクトしたギフトに
上質なラッピングを施して販売するギフトセレクトショップをこの度オープンしました。

ギフトセレクトショップ「おくるみ」でおくるみ(スワドル)を販売するというのは、
ややこしいですが出産祝いのギフトで貰って本当に役に立ちました。

アイテム数は少しずつ増やしていくつもりですが
自分が使ってみて良かったものや
出産祝いや結婚祝いの定番品なんかを
取り揃えていくつもりです。

宜しければのぞいてみてください。

カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

アーカイブ

検索