持ち込みラッピングサービス専門店おくるみ。他店で購入したギフト、ラッピングしてお届けします

Column 大切な人に贈ろう 贈ることは楽しい、相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら・・・ 喜んでほしい、そう想える人がいるのはとても幸せなこと。

2019/09/10

還暦祝い

贈りものをするときはいつでも、相手を驚かせたい、と思う。

わぁっ、と笑顔がひらく瞬間が見たくて、考えを巡らせる。

そこにはくわだてをして壁越しに反応をうかがう、いたずらっ子の気分がある。

でも、もっと切実な思いで贈りものを選んだことがあった。

今から10年以上前、母の還暦祝いだ。

母が60歳になる2年前、わたしたち家族は父を亡くした。

わたしと兄は四国の実家を出て東京で暮らしていたので、

父が亡くなったことは悲しかったが、日常の変化はさほどなかった。

しかし父とふたりで暮らしていた母は、父の不在に随分気を落としていた。

そんな状況での還暦祝い。

胸躍るプレゼントで、母の沈みこんだ毎日に明るい光を差したかった。

還暦だから、「赤」をテーマにプレゼントを選ぶ。

当時銀座にあった、花を置いていない花屋「ジャルダン・デ・フルール」で、

アレンジメントを注文。

オーダーを受けてからイメージに合わせて花を仕入れるオートクチュールの花屋。

花束ではなくて、アクリルボックスに花を詰める、

当時としては一風変わったアレンジメントにした。

母の写真を見せ、彼女の人柄とテーマカラーを伝え、あとはできてからのお楽しみ。

銀座というキラキラした街で、先端を行くお店で注文できたことが、嬉しかった。

花以外のプレゼントは、仕事で知り合ったセンスのいい女性が教えてくれた、

白金高輪の雑貨店で。

赤いものにフォーカスして、深い赤色をしたヴェネチアングラスのラリエット(巻きつけるタイプのネックレス)を購入。

お値段が張ってどきどきしたけれど、母のために、ちょっとがんばったものをあげたかった。

お店のオーナーの女性が、平べったい円形のアルミニウム製ケースに入れて

濃淡2色の赤の薄紙で包み、上部を何本ものリボンで結んだラッピングをしてくれた。

それらの「もの」と併せて、わたしが選んだ過程や場所も感じてもらえるように、

プレゼントを選んだお店や、スタッフの方々を写真に撮って、写真集を手作りした。

フェルトに「HAPPY 60th」と刺繍して、表紙に。

もちろん、手紙もしたためた。

そのときの自分にできる精一杯の「ステキ」と「想い」。

「できた…」と達成感で胸をいっぱいにしながら、宅配便で母宛てに送った。

果たして母の反応はどんなだったか。

喜んでくれたのは間違いないが、詳しくは実際のところ、憶えていない。

20代半ばの贈りものは、まだまだ自己中心的だったのかな、と思う。

贈った当初は工夫して身に着けてくれていたラリエットは、今ではめっきり姿を見ない。

しかし、アレンジメントを頼んだ「ジャルダン・デ・フルール」の東信(あずままこと)さんは、

気鋭のフラワーアーティストとして世界で活躍する人となった。

そして、母がわたしと兄からの還暦プレゼントを並べて撮影した写真は、

今も実家の応接間の本棚に、飾られている。

(ライター:飯島 敦子)

ラッピングは楽しい時間を贈ること

一生に一度の記念日をテーマに合わせてラッピング致します。特別な日を誰かが祝ってくれるってとても嬉しいこと。ラッピングはプレゼントを受け取って解くまでのわずかな時間ですが、楽しい時間を贈ることでもあります。 ラッピングサービスおくるみではプレゼントを郵送でお預りしてラッピングしてお届けしています。カジュアルなラッピングから高級ラッピングまで目的に合わせたラッピングが選べます。