持ち込みラッピングサービス専門店おくるみ。他店で購入したギフト、ラッピングしてお届けします



おくるみのブログ

okuru-me blog

2014/02/06

母からの贈りもの

P1110646
誕生日に母から贈りものが届いた。
それはお花のアレンジメントだった。

鮮やかな黄色のチューリップに
菜の花やミニバラがアレンジされている
春を告げるようなお花たちだった。

きっと母は私が小さい頃
チューリップが大好きで庭先でいつも
チューリップの曲を歌っていた思い出から
その花を選んだのだろうと思う。

大人になっても母の思い出の中には
小さな私がいる。

そしてお花の贈りものはなんて心を穏やかに
嬉しくさせるのだろうと思う。

いつまでも眺めておきたくなるような
愛おしい気持ち。

贈りものは
大切な人への幸せと健康を願う愛のカタチだと思う。

2014/01/29

ラッピングペーパーの仕入れ

新幹線に乗ってラッピングペーパーの仕入れをしてきました。
実は初出張です。

数百種類の包装紙をあつかう紙問屋さん。
一部商品は知っていますが、他にどんなものがあるのか
実際に目で見て、触って、紙の温かみや風合いなどを感じたかったのです。

ペーパーを1枚1枚チェックして
お客さんならどんなラッピングにしたいだろう・・・
自分は好きな包装紙だけど、お客さんはどうかな?
などと相当悩みましたが、良いものに巡り合えて
納得のいく仕入れができたと思います。

お客さんもおくるみのラッピングを利用するとき、
どんなラッピングにしよう・・・
贈る相手はこの包装紙好きかな?と
誰かのことを思い浮かべながら悩むのだろうな。
でも誰かが喜んでくれることや、誰かを幸せにしたい気持ちって
とても幸せな時間。

そんな笑顔を思い浮かべながら
ようし、がんばろうと気を引き締めた一日でした。

2014/01/24

出産のお祝い

近所に住むお友達に子供が産まれました。
わたしは出産のお祝いに、音の出る絵本をプレゼントすることが多いです。

なぜなら赤ちゃんは音が出るものが大好き。
そして子供を持つお母さんに「もらって役にたったものは?」と
聞いたひとつが音の出る絵本でした。
本屋さんに行けばたいてい置いてある、
そして気軽にプレゼントできる価格なのも魅力です。

3年前、双子を産んだ友達にも同じように音の出る絵本をプレゼントしました。
数年経って彼女の家にいったとき、なんとまだ使っていてくれたのです。

2人の子供の使用頻度は高く、表紙はとれかかっていましたが
こんなに長く使ってくれてるなんて!と嬉しくなりました。

赤ちゃんのときはお母さんが歌って聞かせ、
数年たつと子供が歌っているという、子供の成長も感じてしまうプレゼントです。

何を贈ろうと迷ったときにおすすめです。

P1110581
昔なつかしい童謡から現代の曲もある幅広いラインナップ

P1110582
鍵盤つきなので、赤ちゃんが遊べるのも楽しい

P1110584
落ち着いた色合いだけど、男の子なので青いリボンにしてみました。喜んでくれるといいな!

2013/11/06

名刺ができました

P1110431
毎日すこしずつ出来上がっている
おくるみの工房ですが
今日は名刺が納品されました!!

名刺にはすこしクリームかかったアラベールという温かみのある紙を
選びました。
この名刺は取引先用ですが
ショップカードを作るときは活版印刷でオーダーしたいです。
夢が膨らみますね。

ひとまず出来上がったのが
嬉しくって壁にペタっと貼りつけました。

2013/11/06

お祝儀包み

P1110425一年以上まえから折形教室に通っています。
「折形」は贈りものを和紙で包む礼法のこと。
ラッピングというと海外から日本にやってきたものと思われがちですが
折形は鎌倉時代に生まれた武家礼法。
贈る相手の幸せや長寿を願い、
想いをこめながら丁寧に贈りものを紙で包む習慣は
奥ゆかしい日本人ならではの美学です。

折形の凛とした美しいたたずまいや
人を大切に思う気持ちを学びたくて通い始めた教室ですが
面白さがどんどん増していきます。

山根一城先生の楽しい講義は
2時間のクラスであっという間に終わってしまう。
昨日も水引を結ぶところまで行き着かず
来月に持ち越しとなりました。

1 41 42 43 44