持ち込みラッピングサービス専門店おくるみ。他店で購入したギフト、ラッピングしてお届けします

おくるみのブログ

okuru-me blog

2016/09/06

スチーマーのラッピング

透明ボックスに入ったスチーマー(レンジ用蒸し器)の中身を見せたままラッピングして欲しいという要望にお応えしました。
お届け先は遠方のご実家を指定されていたので、結婚式で渡されるのであれば、遠目から目立つラッピングも考えたかったので念のため確認してみると…

結婚式はしばらく先で友人一同でお祝い会すること、相手にそのまま中身を見せてラッピングしたまま持ち帰って欲しいこと、新生活でお料理を頑張ると意気込んでいる新婦へのプレゼントであることなど、様々なことを教えていただきました。

一緒に贈るというお花のイメージも教えていただいていたので、お相手の好きなピンクや白を使って、ふんわり女性らしく、初々しい感じに仕上げていきました。
友人一同でお祝いするのであれば、新郎がその場にいないこともありますし、そのまま綺麗な状態で持ち帰れば、しばらく部屋に飾っておけます。ご結婚祝いは2人に向けたものですから、確かにその通りですね。中身を包装紙で覆ってしまうラッピングもいいですが、お花のように見るたび笑顔になれるラッピングされたままのプレゼントをご希望されるのが分かるような気がします。

後日、感想メールを送っていただきましたのでご紹介します。
「とても素敵なラッピングをありがとうございました!中身を見せつつ華やかに…というワガママなお願いでしたが、しっかり答えて下さり、結婚祝いにピッタリな仕上がりです!特にストーン?がプチプチついているゴールドのリボンがとても綺麗ですね。その他のバランスも大変素敵で、流石はプロだなーと感激しました。渡す友人にもきっと気に入ってもらえると思います。手提げの袋もありがとうございました。品物が大きく、どう持ち運ぼうかなーと思っていたところだったので、大変有難かったです。活用させて頂きますね。外川様のお人柄が伺えて、今回貴店にお願いして本当によかったと思えました。この度は本当に、ほんとーっに、ありがとうございました!また贈り物ができた際には、是非よろしくお願い致します。」

私もお祝いの演出方法やお相手の人柄などを伺えたので良かったです。お客様への質問はなるべく控えてお手を煩わせないように日ごろ努めていますが、大切な人に贈るプレゼントだからこそ、お祝いの仕方、例えば渡す場所だったり、驚かせ方だったり、どんな風に手渡したいかなど、いろいろあるのだと思います。そういう想いにひとつ1つ応えていきたい…新たにそう思う今日です。