持ち込みラッピングサービス専門店おくるみ。他店で購入したギフト、ラッピングしてお届けします

おくるみのブログ

okuru-me blog

2019/10/29

ラッピング教室

愛媛県から可愛い女の子がラッピング教室にやってきました。
おくるみではラッピング教室はこれまでやったことがなかったのですが
「ラッピングレッスンやってくれませんか?おくるみさんにどうしても習いたいんです!!」
しかもわざわざホテルに宿泊までしてやってくるとのこと。

まぁ!若いのに今どきこんな風に頼めるなんていいじゃない!!(おばちゃんです)
そしておくるみで習いたいという嬉しい言葉に数日悩んで引き受けることにしました。

ちょうどおくるみでもお店だけで包むのではなくて
料理やDIYを楽しむように全ての人にラッピングをもっと身近に楽しんで欲しいと思っていました。

旅行で訪れたヨーロッパではラッピング屋さんが街のあちらこちらにあって
男性も女性もプレゼントするときには自分でラッピングして贈る文化がありました。

日本ではプレゼントを贈る機会はたくさんあるのにラッピングはほとんどお店任せ・・・。
こんなに心ときめく楽しい作業なのに勿体ないなと感じていました。

(日本はおもてなし精神もあり、お店のサービスが手厚いのと
外国ではちょっとしたことも自分でやってしまうという違いがあるのかな~)

さて!ラッピング教室は3日間連続。
宿題を出し、テストも行うというスパルタです。
だってせっかく海を越え鎌倉までやって来たのです。
この3日間で基本のことは完璧にできるようにして帰したいと思っていました。

プロとして気をつけていること、
どうやったら一発で綺麗に包めるのか
教えられることは出し惜しみせず伝えました。

包みたいプレゼントを持ってきてもらって
贈りもののテーマを立ててもらい、それに沿ってペーパーとリボンを選ぶ。
渡す相手がいて、その人を思い浮かべながら選ぶペーパーとリボンは
ラッピングのテクニックを教わるのとはまた違った気持ちのスイッチが入ります。

自分でプレゼントを持ってきてもらったのも良かったです。
プレゼントはOPPに包まれた四角い紙製品だったのですが
練習用に使っていた箱と違ってOPPは滑ります。
力をかけすぎず、ほどよい力で包むことなども教えることができて
品物によって調節することがある、全ては同じようにいかないので
よい加減を見つけていくことなども伝えられたので良かったです。

3日間一緒に過ごして、私もずーっと楽しかったし、生徒さんの熱心さも伝わってきたので(せっかくの鎌倉なのにホテルで練習をしていたらしい)、最後はお別れするのが寂しくなってしまいました。

たくさんのことを一度に教え込みましたが、最後は相手を想えたかどうかが一番大切だと教えました。
ラッピングのルールよりも、綺麗に包めたかどうかよりも、相手のこと。ラッピングのテクニックに走りすぎてもいけないし、ラッピングが華美すぎてラッピングが主役になってはいけない。それさえ間違わなければ大丈夫。愛媛でラッピングの正解が分からなくなってもこれを思い出して欲しいです。

そしてラッピング教室という踏み出せなかった機会をもらって
これからラッピング教室をやってみようかなと考えています。

クリスマス前にプレゼントを持ち寄ってもらって
自分で包んでみるというのはどうでしょう?
きっと楽しい時間を過ごせると思います。

近々その案内をいたします。どうぞお楽しみに!

2019/03/26

ギフト販売はじめます

おくるみでセレクトしたギフトに
上質なラッピングを施して販売するギフトセレクトショップをこの度オープンしました。

ギフトセレクトショップ「おくるみ」でおくるみ(スワドル)を販売するというのは、
ややこしいですが出産祝いのギフトで貰って本当に役に立ちました。

アイテム数は少しずつ増やしていくつもりですが
自分が使ってみて良かったものや
出産祝いや結婚祝いの定番品なんかを
取り揃えていくつもりです。

宜しければのぞいてみてください。

2016/11/24

友達の誕生日

毎年友達と誕生日にプレゼントを贈りあっています。
プレゼントというと「何をあげよう…」と気持ちが焦ってしまうこともありますが、彼女の場合は別。随分前から今どんなことに夢中になっているかな?普段どんなことをしているのだろう?と生活を想像しながら選びます。迷っている時間もなんだか楽しい(でもすぐには見つからない)。何かあげなきゃでは義務的な贈りものになってしまいますから、あげたいものをあげます。時にはものじゃなくても、体験だったり、美味しい食事でもいいかなって思ってます。

schedule01

今回選んだのは2017年手帳。表紙も落ち着いていて素敵だけれど、何といっても見返しの部分が花柄になっていて、ワクワクするデザイン。私自身手帳に目標を書いたり、その日の出来事や嬉しかったことを書くのが好きなので、毎年使い終わった手帳は宝物になっていきます。そして悪い出来事は思い出したくないから、なるべく書きません。素敵な出来事で埋め尽くされた一年になって欲しいそんな願いを込めて…そして私もお揃いにしました。

schedule02

ラッピングは綺麗な手帳表紙が透けるように、白い薄葉紙で包んで、ラッピングペーパーの切れ端でくるっと一周巻きました。そこにメッセージカードを重ねて、リボンもくるっと一文字に結んでいます。
友達の誕生日なので、あまり仰々しくせずにカジュアルに受け取って貰えるようにしたのがポイントです。

gift

原っぱで遊んでいる虎のラッピングペーパーも可愛いですよね。このペーパーは取り寄せたばかりの新作です。

2016/06/21

紫陽花のプレゼント

紫陽花が大好きな友人に花束のプレゼント。白いワックスペーパーで全体を包んで、布の端切れをリボンに見立てました。
布の端切れは、そのまま処理せずチョキンと切るだけ。糸がほつれた感じがまた可愛いです。
遠くに住んでいるので段ボールにおやつのドーナツとカードを添えて、送りました。

P1160511

2016/05/09

母の日の庭の花束

母の日に自分で摘んだ花々をプレゼント、とても素敵じゃないですか?
これは京丹後に住む友達が遠く離れて暮らすお母さんのために、奥さんと一緒に作ったそうです。
お花を摘むのも楽しみながら制作したんですって。
遠く離れていても住んでいる場所の匂い、風景も、春の訪れも、切り取って近くにいるような温かさを感じることができそう。

贈り物に関する仕事をしながら私は「母の日と父の日はやらない宣言」をしていますが、こうやって自分も楽しみながらできるならメッセージカードとともに贈りたくなります。
今は庭にバラや野菜の花たちが咲いています。ちょっと遅いけど庭の花束を贈ってみようかな。

1 2 3