持ち込みラッピングサービス専門店おくるみ。他店で購入したギフト、ラッピングしてお届けします

おくるみのブログ

okuru-me blog

2016/05/31

タオルのラッピング

お任せラッピングでオーダーをいただきました。
もう何度もおくるみをリピートしてくださっている常連さまで、雰囲気や仕上げの形なども全てお任せくださいます。
プレゼントのお相手は俳優さん。舞台公演のたびにプレゼントにラッピングして贈りものされるのですが、毎回新鮮な気持ちになってもらえるラッピングを目指して作っています。

落ち着いた壮年の男性を思い浮かべて、プレゼントされるお客様の好みなども考えて上品に高級感があるように、そして夏らしい爽やかさも取り入れる、そんなことをイメージしながらラッピングしていきました。
今回のご依頼品はタオル。タオルを1枚ずつ透明ビニールや薄紙に包んで箱詰めしました(個人が特定されないようイニシャルを一部消しています)。箱を開けたときにタオルが綺麗に並んでいるように、紙をくしゅくしゅさせたものですき間を埋めて、蓋を閉めて振ってみて、また開いて形が崩れていないか確認します。形状がそのままならヨシ!蓋をまた閉めて外側のラッピングに進みます。

P1040922

ベージュ地にレースのような模様が描かれた涼し気なペーパーをまずは選んで、もう1枚はハードな雰囲気の紺レザーペーパーにしました。リボンは透け感のある太めのオフホワイト。

そういえば初めてオーダーくださったのもタオルだったなぁ、そんなことを思い浮かべながらリボンを結びます。ラッピングが到着するとその日に必ず長い感想メールをくださって、それが嬉しくあり、感想メールが遅れると「ラッピング大丈夫だったかな?」と心配だったりします。そしてメールが届くとホッとする、感想メールがひそかな私の楽しみです。

ラッピングが届くまでドキドキする、贈りものする自分自身がときめいた気分になっていると仰ってくださいます。全てのお客様がそう感じてくださるよう、同じような気持ちで丁寧に心をこめて、私も楽しく今日もラッピングしていきます。