持ち込みラッピングサービス専門店おくるみ。他店で購入したギフト、ラッピングしてお届けします



Column 大切な人に贈ろう 贈ることは楽しい、相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら・・・ 喜んでほしい、そう想える人がいるのはとても幸せなこと。

2014/08/08

クッキーのラッピング

おくるみの近所のお菓子屋さん「パティスリーCALVA」。
テレビや雑誌に取り上げられてお店はいつも繁盛しています。
そんなCALVAのクッキーのラッピング研究をしてみたいと思います。

ラッピングBOX:透明のプラスチックケース
粘着:透明のシール
外装シール:表-お店のロゴシール、裏-成分表示シール
中身:クッキー2種類

お菓子やさんでよく見かけるラッピングではありますが
よく見ると茶色のクッキーは右と左で交互に重なって詰められています。
まっすぐ積み重ねると空間ができてクッキーが割れてしまう、
そして交互に重ねるとデザインされているようになるので
見た目もオシャレになります。

以前働いていたお店はバレンタイン時期になると
「お菓子を作ったけど詰め方が分からない。
ラッピングして欲しい」という相談で来店されるお客様もいました。

たいていバレンタインなどで贈りものするとき
「○○をつくろう!」から始まってお菓子の材料を買う→お菓子を作る→
ラッピングはできてから考えるというパターンが多いようですが
お菓子の完成形まで最初に考えておくと
味も良し!見た目も良し!な贈りものができると思います。

P1120767
こちらのクッキーの形は可愛い型抜きです。
白いお菓子は手で丸めていますが
コロンとした形も透明な縦長のボックスに入っているとスマートに見えます。

P1120768
ラベルを手作りしてみるのもいいですね。
原材料などを手書きにすると材料にこだわっている感じがします。

お菓子のラッピングに悩んだら
近所のお菓子屋さんを参考にするといいと思います。
何を作るか?どのくらいの量、サイズにするか?
どんな見た目にするか?など。
せっかく時間と愛をこめて作るのだから
相手が貰って喜んでくれるようにしたいですね。

相手に喜んで貰えるプレゼント演出のお手伝い

ラッピングサービス専門店おくるみ
プレゼントは相手に喜んで貰えるコツがある!?贈りもの選びのアドバイス、簡単なラッピング方法など、日々様々なプレゼントを手にするラッピング専門家が贈りものをテーマ綴ったコラムです。