持ち込みラッピングサービス専門店おくるみ。他店で購入したギフト、ラッピングしてお届けします



おくるみのブログ

okuru-me blog

2018/06/22

生活を楽しむ

我が家の庭です。
いまはノウゼンカズラが真っ盛り。
紫陽花もまだまだ綺麗に咲いていてここを通ると何とも幸せな気持ちになります。

今朝はおばあちゃんが息子のために花びらを集めて花道を作ってくれてました!
わぁ~なんて素敵なの!わたしにはそんな発想なかったなと感動しました。
3歳の息子はそんなのお構いなしで踏んずけていきましたが(笑)

生活を丁寧に、日々を慈しむって憧れますが
一緒に住んでいるお義母さんは本当にそれが上手で
桜の季節には花びらを拾って水に浮かべて
秋には紅葉する葉っぱを食卓に並べたり
普通では素通りしてしまうものを心にとめる感性があります。

息子の拾ってきた木の実を図鑑で調べてくれたり、
カタツムリを捕まえて見せてくれたり
(ときに蝉とか手掴みだからビックリしますが)
生活を楽しむって身近にあるものを発見する力と感動する心なのかなぁ。

遠くに行かなくてもお金を出さなくても
生きることって楽しめるんだな~とお義母さんを見ているとそう思います。

いまは梅雨なので、息子と雨の日を散歩したり、水たまりを一緒にバシャバシャしたり
蚊に襲われながら山の中を歩いたり、日々自然に触れていながらも
食べられる実以外はスルーしてしまうタチなので
家の中に四季を感じさせる植物があると心が満たされます。

ラッピングという仕事をしながら幸せな気持ちに包まれていますが
日々のなかでこの花道のように幸せな余韻がいつまでも続く…
驚きだったのでここに記してみました。

2018/04/23

布のプレゼント

こちらは店主のプライベートな贈りものの話です。
毎年お友達の誕生日にプレゼントを贈っています。
以前働いていたラッピング専門店のお店で仲良くなった先輩でもあり、師匠でもある人へ。

チープなラッピング
プレゼントは今回はまったくあげたいものが見つからず、半年遅れとなりました。
当日に届く喜びを知っているので本当は誕生日に届けたいのですが、、、
これだ!というものにようやく出会えて選んだのはリバティの布。
ラッピングや小物作りが大好きなのでこの布を使って好きなものを作って欲しいと思ったのです。
ラッピング素材としても、小物を作ったり何にでも布は活かせるのすが
男の子を出産したばかりだったのもあって青色の花柄にしました(男の子の花柄っていいですよね!)
ゆっくり作る時間なんてすぐにはないだろうけど、ああしよう、こうしようの時間も楽しんで欲しいと思ったからです。

気心知れた仲なのでラッピングは高級さでなく、カジュアルにシンプルに、
チープな素材を使っていかに存在感が出せるのかをテーマにしています。
一見すると地味な仕上がりですが、ミシンで縫うために試作したり、
マスキングテープはちぎるのかハサミで綺麗にカットするのかを試行錯誤します。
ワックスペーパーを何枚重ねるかによって布の柄がどのくらい透けるのかなど
たぶん他の人には伝わらないようなことにこだわっていたりします。

ラッピングの師匠でもあるのでテストを受けているようで届くまで毎年ドキドキ。
シンプルでカジュアルなラッピングって華やかさがなく地味なのでとっても難しい、
でもこういったラッピングのストックがどんどん溜まっていく機会でもあるので楽しく贈りものしています。

2017/11/01

雑誌に掲載されました

11/1発売の家庭画報におくるみを掲載していただきました。
「心を伝える贈り物」の巻頭特集です。

実はおくるみを始めたときに「家庭画報に掲載されるようなお店になる」と夢見ておりましたので、お声かけいただけたことは大変嬉しかったです。

プレゼントを選ぶ達人たちのおすすめもありますので、贈り物をするときのヒントにもなります。
ぜひお手に取ってみてください。
家庭画報ラッピング

2017/10/06

引出物ラッピング

結婚式の引出物やイベント開催の記念品など大量ラッピングのご案内ページを作成しました。

近頃の結婚式は本当に親しい人とゆったり過ごす小人数制のものに変化しつつあります。
お気に入りの場所で自分たちらしく、そして引出物も新郎新婦自らが選んだ品物を贈るという傾向があります。

結婚式のプランニング会社にお願いすればカタログの中から品物を選ぶだけなので簡単ですが、自分たちの気に入ったものを引出物にするとなると困るのがラッピングです。
結婚式前はただでさえ忙しいわけですが、引出物を決定して、ラッピング屋さんを探して、包み方を調べて、いざ本番!!となっても日頃慣れていないとコツを掴むのにちょっと時間がかかります。
でも夫婦になる二人を祝福してくれる大切なゲストには、本当に気に入ったものを贈ってほしいと思います。

当店の引出物ラッピング費用は手数料+材料費+送料がかかります。
引出物は参列した方への手土産ですので、シンプルに価格を抑えた材料を組合せました。

「和風でシンプルで水引を使って、包装紙はこれがいいな!」というようなオーダーや「そっくり01でお願いします」という注文方法が可能です。

自分たちらしい引出物を選んだように、ラッピングもイベントのテーマに合わせた仕上がりをご希望ください。

2017/08/09

3周年を迎えました

本日おくるみは3周年を迎えました。
たくさんのお客様と出会い、この日を迎えることができました。

偶然にも記念日にお客さまからお菓子が送られてきて、とっても嬉しかったです。

これからもおくるみを宜しくお願い致します。

1 2 3 13