持ち込みラッピングサービス専門店おくるみ。他店で購入したギフト、ラッピングしてお届けします



おくるみのブログ

okuru-me blog

2018/06/01

パセリのようなラッピング

先日おくるみにラッピングでご来店されたお客さま。
いきなり「ラッピングにテーマがありまして、パセリにしてください!!」とおっしゃいました。
突拍子もなかったので戸惑いながら「パセリってあの食べられるパセリですか?」とよく聞いてみると
サプライズパーティーの主役がパセリというニックネームなんですって。
「全てお任せします。パセリ期待しています!」と立ち去って行かれました。

それから一週間わたしの頭は緑のもじゃもじゃが消えません。
台所のパセリ一点を見つめてぼーっとしたり。
でも自分に新たなテーマを与えてもらったと思ったので、楽しんでラッピングさせていただきました。
おくるみに任せて大丈夫と思ってくださったのなら、おくるみのラッピングテイストはそのままに
あまり斬新すぎたり、パセリそのものにするのも違う気がしました。

サプライズパーティーのお店に直送だったので、手渡しはできませんでしたが
オーダーくださったお客さまとても喜んでくださり、わざわざお電話くださいました。

ネット注文が基本なので普段はお客さまとメールでのやり取りですが
いつも人と人の触れあいを感じています。
どんな注文も丁寧に自分がプレゼントする気持ちになってラッピングしています。
そうすれば気持ちが伝わると思っています。

お客さまとのやり取りの中で繋がりが生まれていく、本当に幸せな仕事です。

2018/05/26

人形のプレゼント

先日いつも海外の俳優さんにプレゼントを贈られるお得意さまより、オーダーを承りました。
お預りしたのは布でできた人形で、今回は直接手渡しできず航空便で送るのでリボンなどを含めてなるべくコンパクトにしたいとご要望がありました。

その俳優さんは自然が好きでサーフィンをしていると以前から伺っていました。
ラッピングは豪華なものではなく、ナチュラルに仕上げることが多かったのですが、今回は紐を使ったさらにシンプル、そしてカジュアルな仕上げにすることにしました。
すべてお任せします、といつも言ってくださるので、紐ならリボンの潰れを心配することもないし、荷物が大きくなることもないし、普段と違う仕上げや遊び心も入れたくなったのです。

箱詰めオプションではブタとイカが喧嘩してる(笑)のペーパーを敷きました。長年のお付き合いでこういう感じも笑っていただけるかな~とちょっと冒険をしてみました。そして少しの間お部屋に飾っておけるように、セロファンを巻きました。その上から蓋をしめて、ボタニカル調のラッピングペーパーにアクセントのある紐、切手を貼りました。ペーパータグを付けてよりカジュアルに、タグにはお客様自身でメッセージを書いてもらうのも楽しいかと。

ナチュラルでカジュアルなラッピングが出来上がりました!
お客様からもこんなメッセージが届きました。
「封を開けて見たら、やはり素敵!ナチュラルでシンプル、すごくセンスを感じるラッピングですね。かなり気に入りました!中のペーパーが可愛いくてツボ…中を開けてみたいけど、ガマンガマン…このたびも、ありがとうございました。」

気に入ってもらえてよかった!この度もありがとうございました!

2018/04/23

布のプレゼント

こちらは店主のプライベートな贈りものの話です。
毎年お友達の誕生日にプレゼントを贈っています。
以前働いていたラッピング専門店のお店で仲良くなった先輩でもあり、師匠でもある人へ。

チープなラッピング
プレゼントは今回はまったくあげたいものが見つからず、半年遅れとなりました。
当日に届く喜びを知っているので本当は誕生日に届けたいのですが、、、
これだ!というものにようやく出会えて選んだのはリバティの布。
ラッピングや小物作りが大好きなのでこの布を使って好きなものを作って欲しいと思ったのです。
ラッピング素材としても、小物を作ったり何にでも布は活かせるのすが
男の子を出産したばかりだったのもあって青色の花柄にしました(男の子の花柄っていいですよね!)
ゆっくり作る時間なんてすぐにはないだろうけど、ああしよう、こうしようの時間も楽しんで欲しいと思ったからです。

気心知れた仲なのでラッピングは高級さでなく、カジュアルにシンプルに、
チープな素材を使っていかに存在感が出せるのかをテーマにしています。
一見すると地味な仕上がりですが、ミシンで縫うために試作したり、
マスキングテープはちぎるのかハサミで綺麗にカットするのかを試行錯誤します。
ワックスペーパーを何枚重ねるかによって布の柄がどのくらい透けるのかなど
たぶん他の人には伝わらないようなことにこだわっていたりします。

ラッピングの師匠でもあるのでテストを受けているようで届くまで毎年ドキドキ。
シンプルでカジュアルなラッピングって華やかさがなく地味なのでとっても難しい、
でもこういったラッピングのストックがどんどん溜まっていく機会でもあるので楽しく贈りものしています。

2018/03/21

パスケースのラッピング

ラッピングで迷ってしまうテイストといえば「可愛らしいピンク系」。
これまで少女らしいフリフリした可愛いものを自分には似合わないと思ってきたからかな。

オーダー内容
お任せラッピングコンパクト
雰囲気:可愛い
カラー:ピンク
お預りの品物:革のパスケース
30代女性に贈る誕生日プレゼント

実はいろいろ悩みました。
頂いたオーダー内容だけでラッピングを考えると
ピンクで総まとめしたようなアイドルに贈るようなものか
少女をイメージしたあどけない可愛らしいものにしようかと思っていました。

しかし革のパスケースがナチュラルな雰囲気で、自分も好きなテイストで
最初に考えたピンクで少女感たっぷりなのはやっぱり希望されていないのではないかと。
お客様はきっとおくるみのサイトやラッピング事例をご覧になってご注文してくださったのだから
包む私の心が楽しくトキメクものをご提供しようと
ピンクはあくまでポイントに、でもちょっと可愛さも大人っぽさもありな雰囲気に仕上げてみました。

オーダー内容だけではお客様の好みが分からないこともしばしば。
時にはなんでもいいってお客様もいらっしゃるでしょう。
でも自己満足かも知れませんがやっぱり自分が納得したもの、
好きだなって心が動くものを提供したいっていつも思ってます。

このオーダーでシックや大人っぽい雰囲気は得意で、
ピンクの可愛いものは希望にお答えできるのだろうかと
ちょっと尻込みしてしまう自分がいたりして、そういった分野も広げていけたらいいなと思いました。

2018/03/09

スタイのラッピング

久々の更新です。3月は会社の移動や卒業式のシーズン。
ラッピングもそれに伴って大量ラッピングを受注したりで大忙しでした。
大量のラッピングをこなすとやり切った感があり、短期間で納品できたという自信にもなりました。
いまようやく落ち着くことができて、こうしてblogを書いています。

今回のラッピング受注はお任せラッピングコンパクトでした。
子どもが生まれて子育てに奮闘している弟夫婦にお姉さんからのプレゼント。
ご依頼品はswaddleの「おくるみとスタイ」。ガーゼで優しい肌当たりでよく汗を吸ってくれるし、なんといっても絵柄が可愛い!
街中を歩いていても、ベビーカーで陽射し除けに使ったり、ブランケットとして使っているシーンをよく見かけます。

シンプルにほっとするような柔らかい雰囲気というご希望でしたので、生まれて真っ新な赤ちゃんをイメージして、白を基調としたお包みにしました。
ピノキオのラッピングペーパーにグログラン素材のホワイトリボン。リボンを斜めに蝶結びしただけですが、シンプルだからこそ、大切に、優しく癒したいという気持ちが伝わるように思います。

一緒に購入されたカードは封筒に入れず、あえてラッピングのアクセントとして添えました。喜んでいただけますように!

1 2 3 26