持ち込みラッピングサービス専門店おくるみ。他店で購入したギフト、ラッピングしてお届けします



おくるみのブログ

okuru-me blog

2016/01/31

腕時計のラッピング

プレゼントをおくるみへ持参したいとご要望があり、お任せラッピングで時計をお預かりしました。

お客様は女性、30代。お付き合いしている男性と初めて旅行へ出かけるので、そのときサプライズでプレゼントするのだそうです。選んだプレゼントは腕時計。普段、仕事がハードな彼に休日はリラックスして過ごして欲しいからナチュラルなデザインのものを選んだこと、これからも一緒に時を刻んでいきたいそんな思いのもとお揃いで用意したこと、そんなことをご注文フォームで事前に教えてくださいました。

ですので以下の点をテーマに掲げお包みしています。
・旅行カバンに忍ばせたときラッピングやリボンが潰れないようにする
・高級感があり大人っぽいラッピングに、でもリラックス感を演出する
・2つの箱(時計本体と替えベルト)のうち、時計本体から手にしてもらう
・サプライズしやすいようにコンパクトに仕上げる

P1040019

2つの箱があった場合、やはりメインのプレゼントは腕時計本体。プレゼントを開く順序として、替えベルトから箱を開けてしまうと、もう1つの箱は中身が何であるか事前予測がついてしまいますので、それは避けたいと思いました。どうしたら時計本体の箱から手にしてもらえるか考えた結果、2つの箱をボックスに入れることにしました。
替えベルトの箱を下に置き、その上に時計本体の箱を重ねて、メインのものから先に手が触れるようにしています。

ギフトボックスの必要性や、箱詰めオプション、お任せラッピングのスタイルなど全てお任せしたいとのことでしたので、箱詰めしてコンパクトに仕上げています。

P1040020

そしてラッピングは、金属をハンマーで叩いたような質感のシルバーペーパーに、コットンリボン2種を重ねました。全体の雰囲気は大人っぽくカチッとしていますが、時計と同じようにリラックス感を出したいと思ったのでリボン素材はコットン。そしてコットンのリボンですと万が一旅行カバンの荷物で押されてもシワになりにくい、整えやすいという利点があります。また来店されたお客様の雰囲気もあわせてコーディネートしました。

出来上がりをお見せすると、とても喜んでくださいました。そしてきっとお家に帰宅されたのでしょう、1時間くらいたってメールが届きました。

「本日は、急な 持ち込みのお願いにも関わらず 丁寧なご対応、そして素敵なラッピング 本当にありがとうございました。今回お願いした 腕時計をネットで購入した際、公式のオンラインにも関わらず ラッピングは対応できないと言われ 送られてきて 開けた際とてもガッカリし困っていました。包装をしていただけるところを探していた際 素敵なホームページを拝見し、是非ともお願いしたいと思い 今回に至ります。

紙の色や 質感 リボンの配色 全てに私の気持ちや思いをくみとってくださり 考えて包んでくださったのが分かり 本当感動しております。帰りは リュックには入れずしっかり、大事に腕で抱えて持って帰りました。雨用のご配慮もありがとうございました。
きっと 彼も喜んでくれるはずです。そして、こんな綺麗なラッピングに出会えて とても嬉しく思い是非ともまた利用させていただきたいと思っております。この度は 本当にありがとうございました」

喜んでいただけたのはきっと事前に温かな想いを伝えてくださったからだと思います。ラッピングは何も情報がないとイメージするのがなかなか難しいので、彼に喜んで貰いたいというお客様の気持ちと、お客様に喜んでいただきたいという私の気持ちの相乗効果でしょうか。いつもそうでありたいと、できる限りのことは対応させてもらって100%妥協点がないように仕上げていますが、ラッピングも好みがよりけりで、全てのお客様に大満足されているわけではないでしょうが、やはり想いを伝えてくださるとその気持ちに応えたくなります。

いただいたメールは私の胸にじーーーんと伝わって何度も何度も読み返しました。
そしてラッピングを通じてお客様をワクワクさせられるよう明日も頑張ります!!ありがとうございました。

2016/01/22

お皿のラッピング

お皿2枚をラッピング「ボタニカルガーデン」でお包みしました。
箱詰めする際、お皿同士がぶつかって割れてしまわないように、エアパッキンと白いゴワゴワした手触りの和紙を間に挟んでいます。
和紙を使うのは温かみある雰囲気にしたかったのとエアパッキンをぱっと見、目に触れないようにするためです。
清潔感のある白いお皿とご注文いただいたラッピングにも似合うようにと意識しながら素材を選びました。

P1160247

ラッピング「ボタニカルガーデン」は優しくエレガントな雰囲気なので、プレゼントの中身や差し上げる方を選ばないラッピングです。ペーパーの絵柄はふぞろいの葉っぱでなんとも可愛らしいですし、ラッピングをどれにしようかと迷われましたらオススメですよ!この度はご注文ありがとうございました!!

2016/01/14

ボールペンのラッピング

お任せラッピングでボールペンをお預りしました。

舞台俳優さんのお誕生日に直接手渡すのだそうです。ご年齢の数字「30」を使ったラッピングをご希望で、イベントでたくさんのファンの方とお話しされるのでしょうからその中でも特に印象に残るように、コンパクトに仕上げながらも華やかな仕上がりを意識しました。お客さまから俳優さんのblogを教えていただいたので、本人のイメージ=お洒落で明るくて、硬派で誠実をテーマにラッピングしました。

ボールペンは俳優さんご本人のイニシャルを名入れしたもので、すごく綺麗な字を書くので台本に書き込みする際に使って欲しいなという想いがあるそうです。そんな温かいエピソードを教えてもらいましたので、心がホカホカしました。

お届け後、お客さまからメールを頂戴しましたのでご紹介します。

「先ほど、商品を受け取りました。画像はいただいていたので中身はわかっているものの、可愛いスタンプやテープで、丁寧且つわくわくしながら開けました。なるほどという梱包で、ナンバーも綺麗なままで届きました。画像をいただいた際には、どんなペーパーを使ってくださるのかと思っていたので、少しシンプル過ぎないかな?と一瞬思ったのですが、革のようなしっかりとしたさわり心地で高級感がありますし、リボンは華やかにしていただきましたので、30歳になる大人っぽさと本人の誠実な雰囲気と、それでいてお茶目な部分が、ペーパーとリボン、ナンバーに表現されてるなぁと思って、ニンマリしてしまいました。

ありがとうございます!手渡し出来るので、本人にも、イメージして作っていただいたこと、伝えたいと思います♪一度お願いしたいと思っていましたので、今回、とても素敵なラッピングをしていただき、本当に嬉しいです。この度は、本当にありがとうございました!」

よくお客様がおっしゃるのが「仕上りの写真だけだとちょっと地味かも?と思いましたが、品物が届いたらすごく素敵でした」という言葉。
もう少し写真をとる技術をアップしたいのですが、ペーパーの質感や全体の雰囲気をお伝えするのはなかなか難しいです。でもお手にとってお喜びいただいているなら、それはそれで良いこと。素敵なお誕生日イベントをお過ごしできますように!

2016/01/08

手放す

こんにちは。年末年始のお休みを頂戴して今日から通常営業です。
皆さんはどんなお正月を過ごされましたか?

わたしは大晦日は鎌倉で過ごし、その後実家へ帰省しました。
鎌倉の地で年越しするのは数年ぶり。大晦日の夜、本覚寺さんで地元ならではの出店や甘酒の振まいがあるというので、行くのを楽しみにしていましたが、お正月の準備に疲れてそのまま寝てしまいました。来年こそは行ってみたいです!!

鎌倉の街は初詣の参拝客で混雑するため、三が日まで交通規制が行われます。
車は一部通行止めされるかわりに電車運行は24時間。
いつ行っても人の多い鎌倉ですが、交通規制が行われるほどっていったいどんな賑わいなのでしょうね。

さて、blogのタイトル「手放す」。ぼんやりとですが今年のテーマです。
お金や時間、もの、人間関係など普段思い入れのあるものほど思い切って手放してみたらどうなるのだろう、ということを試してみたいです。
大切なものを人にあげる、知らない人にも愛情や時間をかける、夫や子供にダメと言わないなど。こだわりをなくすことでむしろ自分が自由な気持ちになれるのではないかと思っています。
それに与えあう社会が循環していけば素敵だな~なんて。おくるみでもそんなギフトをお客様に贈ることができるよう計画中です。

ある人の言葉ですが「私たちは毎日自然からたくさんの物をもらっているんだよ。太陽のひかり、水、食べ物だって。自分も同じように誰かにギフトを与えられる特別な存在なんだ」それを思い出すととても満たされた気持ちになります。さぁて!どんなことをして周りの人、お客さま、知らない方をユーモラスに満たせるか!そんな一年にしていきたいです。

2016/01/01

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

新しい一年がはじまりましたね。今朝起きるとまずは太陽に向かって
今年も一年よろしくお願いしますと言いました。
毎日が新しい朝ですが、お正月を迎える準備をしていると
今日という日が特別に思えます。
家の掃除をして、お花を飾って、お正月用の食器をだす、
清々しい朝を迎えるのはとても気持ちがいいものです。

おくるみでは「贈る人も贈られる人もドキドキ・わくわく」するプレゼント演出のお手伝いをさせてもらっていますが、2015年はそれをお客様にお伝えできたことを実感した一年でした。

商品の発送後、ありがとうメールをお客様よりたくさん頂きました。
おくるみを利用されたお客様がリピートしてくださったのが多かったこと、
日々の積み重ねがこのような形になって表れたことはとても嬉しいことでした。
まずは初詣でお礼参りをしてきます。

お客様の「大切な人を喜ばせたい」という想いにラッピングを通して触れながら
お仕事させて貰えることはとても幸せです。
お仕事しながらギフトをいただいているような気分になります。
この感謝の気持ちを私なりにまたお客様にお返しできるよう、
2016年も張り切っていきますので
どうぞ見守っていてください。