持ち込みラッピングサービス専門店おくるみ。他店で購入したギフト、ラッピングしてお届けします



おくるみのブログ

okuru-me blog

2015/12/28

ワインのラッピング

ご結婚祝いですが渡す時期がクリスマスに近いということでクリスマスラッピングを承りました。ご依頼品はワインとクッキー。箱詰めオプションをご希望でしたので、ワインの首にはクリスマス用のオーナメントを付けました。

P1160178

このプリントペーパーは楽譜やサンタなど様々なクリスマスモチーフが描かれていて、楽しくてつい歌を口ずさんでしまいそうなことから「クリスマスソング」と名付けましたが、クリスマスの歌のことをクリスマスキャロルと言うのだそうですね。先日クリスマスを辞書で引いてみたら隣にあって初めて知りました。クリスマスキャロル=稲垣潤一さんのイメージだったので、あの歌そのものがクリスマスキャロルだと思っていたんです(恥)。

悲しい曲が多い日本のクリスマスソングと比べ、外国の曲は楽しいものや神聖なものばかり。イエスキリストの誕生日という、宗教的なお祭りですから恋人と過ごす日本のものとは全く違うのですね。

クリスマスは一説によると太陽神の復活を祝うお祭りと言われているそうです。2015年の冬至は22日でした。だんだんと陽が長くなって、温かくなり、植物が育ちやすくなり、それはすなわち命を繋いでいくということ。
最近は神様って太陽なのではないのかと思うことがあり(神道ではそうです)、なんだか納得。宗教は違っても世界中で陽が長くなることを一緒に祝えたら、それはそれで素敵。日本ではそれが元旦なのかなと思うこともしばしば。冬至やクリスマス、元旦が近いことって何か関係があるのでしょうか。もっときちんと知りたいです。

2015/12/28

フォトフレームのラッピング

ご結婚祝いのラッピングにフォトフレーム2枚をお預りしました。上の写真は箱詰めオプション320円を適用したものです。大小サイズの異なるフレームがそれぞれ箱に入っていましたが、箱から出したほうが体裁がいいのでそのようにご提案させていただきました。

フォトフレームが上下に2枚重なっていますが、ガラスなので傷つかないよう一度薄いペーパーで包んでから、フレームとフレームの間にエアパッキンを挟んでいます。配送の段階でフレームが動いてしまわないよう、リボンを2枚に結んで固定させたら完成です。ご結婚祝いらしい清楚な仕上がりになりました。

P1160089
→レース模様の薄紙は透け感があるので、フォトフレームのデティールがうっすら透けて何ともいえない上品な雰囲気

P1160098
→組合せラッピング「ゴールドに水色のリボン」

2015/12/28

ペーパーのラッピング

お任せラッピングでクリスマス用のオーダーを承りました。
お預りしたものは、小さめにカットされた沢山のラッピングペーパー。カード作りが趣味のお母様にクリスマスプレゼントのサプライズだそうです。紙が大好きで、普段めずらしいペーパーは綺麗にとっておいてカード作りされるとお聞きしましたので、なるべく両面テープを使わないで仕上げました。

またギフトボックスはイタリアフィレンツェの工房で作られているペーパーCarta Vareseの貼り箱。商品ページには掲載していないものですが、カード作りがお好きな方であれば素材を入れるボックスとして楽しく使ってくださると思ったのでお勧めさせていただきました。

仕上げの雰囲気などすべてお任せでしたので、大人っぽいクリスマスに。たくさんのラッピングペーパーに触れて、目が肥えている方でしょうからまずはペーパーを選びました。細かいラメが練り込んであって、茶色ベースに黒で植物柄が印刷されたシックで落ち着きのあるペーパーです。ドライフラワーのオーナメントに合わせるリボンは透け感のあるワインレッドをベースに持ってきて、オーナメントのボリュームに負けないであろう蔦柄の太リボンをもう1本に選びました。「大人っぽくて、華やかで、上品で、落ち着きがあって、心がトキメク」そんな言葉を散りばめながらお包みさせていただきました。

きっとこの贈りものは楽しい時間のプレゼント。紙が大好きなお母様にカード作りがもっと楽しくなるように+ウキウキしながらラッピングをほどいてほしい、そんな想いがたくさん詰まっているのだなあと感じました。プレゼントというとあげる品物をいちばんに考えてしまいますが、こんな時間の贈りものもとっても素敵ですね。ラッピング喜んでいただけますように!

有難うございました!

P1160152
→ペーパーCarta Vareseのギフトボックス

2015/12/25

クリスマス

クリスマスの朝がやってきました。昨日、今日とたくさんの人の心がまあるくなったことでしょう。

今朝ふと、クリスマスプレゼントはいい子にも、いい子でなくても子ども達に届いてほしいなと思いました。なぜなら子ども達みんなが神から祝福された存在だから。「いい子にしていれば」の条件はなしにして「どんなあなたでもたくさんの愛に包まれているのよ」と伝えてあげるだけで、自然と穏やかな気持ちになってくるのではないでしょうか。

でもそれは、もしかしたら私が「この世の中にいてもいいんだよ」と言われたいからなのかも知れません。でも子ども達だけでなく、きっと大人だって「あなたがいてくれて嬉しい」のたった一言だけで、それが生きるエネルギーになるはずです。そんな愛にあふれた世の中になったら安心して胸を張って生きられそうな気がします。ちょっと恥ずかしくても子どもやパートナー、友達にまずは自分から「あなたがいてくれて良かった」と言えるようになれたら素敵ですね。

さて、私のクリスマスプレゼントは「天火オーブン」です。これは知る人ぞ知る、オークションもの。何かといいますとガスコンロの上に置くオーブンです。昭和時代どこの家庭にもあったそうなのですが、次第に便利な電子オーブンに変わり、天火オーブンは生産中止に。でもちょっと手のかかる&ガスで焼くのが好きな私はこれをずっと探していました。
P1160200

オークションでは高値がつき手がでませんでしたが、とある流通経路で探し求め新品が¥4000という破格で我が家にやってきたのです!!自分で購入したのですが、24日に届いてとても嬉しいクリスマスプレゼントになりました。さっそくクッキーを焼いてみたら焦げこげ。使いこなせるようたくさんパンとお菓子を焼きます。

2015/12/24

お財布のラッピング

今日はクリスマスイブですね。おくるみは郵送ラッピングサービスなので、クリスマスラッピングはひと段落。まだまだ発送を控えているものがありますが、しばし小休止しています。

今朝は一緒に寝ている8カ月の我が子を見て、肌の温もりってあたたかくて幸せなんだな~と思いました。寝つきの悪い我が子ですが、授乳して肌と肌を重ねていると安心してすやすや寝てくれます。あの泣きじゃくりは何だったの?と思うくらい無防備な姿は、何かに守られているからこそ。人の温もりって心をまあるくするな~と実感した朝だったのでした。
贈りものも同じように、人の心をほがらかにさせます。言葉で伝えなくても「あなたを大切に想っています」の証。今日と明日、きっとたくさんの人の心がまあるくなるんだろうな!

ラッピングはクリスマスチェック。おくるみのラッピングはどれも一押し!なのですが得に好きな包装紙です。伊勢丹の包装紙みたい(ときにはCOWCOWみたい笑)…と言われることもありますが、とっても可愛らしいのですよーー(ネットの画面では伝わりにくいのですかね…)。そのラッピングをオーダーいただけて嬉しいです。

ご依頼品はお財布でした。ご注文ありがとうございました!

P1160124

1 2 3