持ち込みラッピングサービス専門店おくるみ。他店で購入したギフト、ラッピングしてお届けします



おくるみのブログ

okuru-me blog

2015/07/30

ラジコンのラッピング

今回は少し大きなラッピングです。ラッピングペーパー3枚を繋げて包んでいます。ペーパーを繋ぐといっても繋ぎ目はボックスの角に沿っているので目立ちません。ラッピングはバースデーポップというカラフルなもの。ご注文者さまと差し上げる方の年齢からすると、おじいさまがお孫さんにラジコンをプレゼントするのかな?と思いながら包みました。お誕生日にこのようなラッピングのプレゼント、きっとにぎやかなお誕生日会になったのでしょうね。ご注文ありがとうございました!P1150677

2015/07/22

お酒のラッピング

お酒2本を1つのラッピングにまとめます。お酒は箱に入っている状態ですが、2つの箱を並べると天地・左右に段差ができてしまったので、エアパッキンを巻いてフラットな状態にしています。そうすると四隅がピシッと出て、綺麗な見た目になります。

P1150662
→エアパッキンを巻いてフラットな状態に。

ラッピングはキャメルという商品で、革のような手触りの特殊なラッピングペーパーにタックを入れて、サテンリボンをシンプルに蝶結びしたものです。シンプルで落ち着いた見た目ですが、手にしたときの素材感が面白く「ペーパーで革のような手触りのものがあるんだ!」と新鮮な驚きをもってもらえると思います。

ラッピングは人によって、開くのがもったいなくていつまでも飾っておいたり、写真におさめたり、品物が高価そうに思えたり、いろんな感じ方があるようです。私も人から特別なラッピングでプレゼントされて、夫が帰ってくるのを待って一緒に開いたりなどの思い出があります。ひとりで開くことができなくて、誰かに喜びを共有したかったんだと思います。プレゼントを貰うのは嬉しいものですが、人生のなかで記憶に残るプレゼントって何回くらいあるのでしょう。ときにはモノであったり、気持ちであったり。記念日だからと形だけプレゼントをするのではなく、自分もワクワクしながらプレゼントするのは楽しいですし、そういう気持ちは必ず伝わります。

お気に入りの洋服で一日の気持ちがはずむように、ラッピングもまた大切な人の記念日を温かく笑顔にするひとつでありたいと願っています。受け取った方の気持ちがはずみ、素敵な記念日となりますように!

P1150665

2015/07/17

貯金箱のラッピング

以前注文してくださったお客様が再度ご利用くださいました!近所なので持って行きたいとおっしゃった方です。「前にお願いしたラッピング、すごく喜んでもらえました」とのこと。前回のご依頼品はピアスだったのですが、今回は貯金箱。2人の女性に別々に差し上げるそうで、ひとりの方は誕生日、もう一人の方は何のお祝いでもないとのことでした。

「ラッピングはお任せだけど可愛く!」がテーマで、バースデーポップを少しアレンジしたものにしました。全体的にボリュームが出るこのラッピング、中身はおもちゃなので、カラフルにポップな雰囲気にすると可愛いですし、あまり豪華なラッピング材料よりも、カジュアルに仕上げたほうが良い気がしました。お客様にお渡しすると「お!可愛い」と言ってもらえましたが、相手さまの反応はどうだったのか気になります。

そしておもちゃの貯金箱、電池式でネコが隠れている…どんな動きをするのか気になります!お客様はきっと、人を喜ばせるのが好きなんでしょうね。またのご利用お待ちしております。

P1150657
もうひとつのラッピング。ペーパーとリボンを変えました。

P1150652
貯金箱。にゃーん、と鳴くのでしょうか?

2015/07/08

季節を閉じこめて

雨が続いています。ようやく梅雨らしくなってきましたね。
わたしは雨が好きです。
ベランダの窓を大きく開けてしとしと降る雨音を聞いたり
庭の草木の色彩がじっとり濃くなるのを眺めたり…。
もわっとした湿気で汗ばむのもまた、季節の移り変わりを感じることができて
街のなかでも何処にいても私たち人間は自然の中で暮らしているんだなと
再確認することができます。

そしてその季節の美しさ、あじさいをドライフラワーにすることにしました。
数年前からやろう、やろうと思って今になってしまいましたが
あじさいを脱湿材に埋めてみました。
普通に干すだけだと色が茶色くなっていきますが
この方法だと色はそのままに乾燥していくそうです。

上手くいったらラッピングのアイテムとして使おうかと!
ラッピングはプレゼントという品物がメインであり、包装をほどくまでの一瞬のワクワク感を伝えるもの。そのたった一瞬ですが、匂いや季節、五感に訴えかけるなにかも伝えていけたらいいなと思います。

ただお客様の品物は、自分の好みを取り入れることは押し付けになってしまう可能性があるのでいつも悩んでしまいます。差し上げる方の雰囲気や大切な想いを知ることがなかなかできないので…

ラッピングを注文してくださるってことは特別な想いがあるってこと。その気持ちを大切に扱いたい、そう思いながらいつも心を込めて包んでいます。だからその分、難しいです。もし可能なら注文の備考欄にその方に対する想いや雰囲気をお知らせくださると、その方に対するラッピングのヒントになるのでとても嬉しいです。

まずはドライフラワーどんな色に仕上がるのか楽しみです。

2015/07/04

iPad miniのラッピング

iPad-miniを舞鶴というラッピングで包みました。箱詰めをご希望でしたので、どんなものにしようかな~と悩んだ挙句、ラッピングは鶴の絵柄でお目出度いし、差し上げる方は70代ということなのでシンプルに赤のタッセルパッキンを埋めました。

タッセルパッキンを入れるのは簡単そうに見えますが、コツを掴まないと紙の切れ端が散らばって汚く見えます。商品の上にのっからないよう、箱からはみ出さないように丁寧に入れていき、蓋をして箱を天地左右に振ってみて動かなかったらOK。どんなときも開いたとき美しくを心がけます。

iPad-miniのような四角いものはギフトボックスを別途購入することなく包めますが、包装紙を開いたときにすぐにモノが分からないっていう楽しみがありますよね。それに箱のなかに納まっていたほうが豪華に見えます。桐箱のなかに入ったマスクメロンみたいに(笑)

包装の仕方は用途や立場によってさまざま。そういうことも含めてラッピングを楽しめるといいですね。ご利用ありがとうございました!

_MG_0635

1 2