持ち込みラッピングサービス専門店おくるみ。他店で購入したギフト、ラッピングしてお届けします



おくるみのブログ

okuru-me blog

2015/03/16

長期休業のお知らせ

3/15(日)~4/30(木)まで産前産後休暇をいただきます。
せっかく当サイトにご来店くださいましたのに、申し訳ございません。
大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

なお、メールでのお問合せは確認できる状態にしておりますので、返信に少しお時間をいただくことがありますが、ご質問等ございましたらお気軽にご相談ください。

2015/03/12

ありがとうメール

お客様より嬉しいメールをいただきましたので、ご紹介させていただきます。

「品物届きました!とってもおしゃれな感じにラッピングして下さり満足です(^O^)私の想像以上でした!開けるのがもったいない!っと思ってしまうほど、ずっとそばに置いておきたい、笑
でも渡すのがすごく楽しみです♪きっと彼も喜んでくれると思います☆
また何かの機会にお願いするかもしれません。その時はまたよろしくお願い致します!本当にありがとうございましたっ!」

ラッピングは“おくるみにお任せ”ということで承りました。
ラッピングはリボンとペーパーで無限の組合せがあります。どんな人にどんな雰囲気でプレゼントしたいのか、差し上げる方の年代や関係性、色の好みや素材感によって仕上がりが変わってきます。
その方をイメージしてプレゼントを選んだように、ラッピングも同じようにイメージをお聞きして仕上げさせていただいております。

ラッピング:おくるみにお任せ
ラッピング1点あたりの金額:2000円前後(ボックス代、箱詰めオプション、送料別途)
サイズ:40サイズ
ギフトボックス:購入する
箱詰めオプション:適用する
ご依頼品:スマフォケース
贈呈先:恋人、20代、男性、お誕生日
ご要望:シンプルな高級さ(素材感重視)、青とゴールド、青とシルバーを使ったイメージ。華やかさも出したい

2パターンご提案し、シルバーのペーパーと青&ゴールドリボンに決まりました。
箱詰めオプションもこんな感じで仕上げてみました!

P1140428
→動物のタグにHappy Birthdayのスタンプを押しました。柄のついた薄紙をインナーペーパーに使用。

P1140432

その方をイメージしたたった1つのオリジナルラッピング。素敵なバースデー演出ができますように☆

2015/03/10

小悪魔なイメージ

地元の友人が結婚したので、お祝いの品をラッピングしました。
その子のラッピングイメージはディズニー、キラキラ、小悪魔。いつも身なりを女の子っぽく整えていて、髪を巻いて、指先もキレイ。
学生時代はたくさんの男の子が彼女に翻弄されていたっけな、なんて思い出しながら使いたい素材から材料を選んでいきました。

使いたかったのはディズニーティンカーベルのタグとショッキングピンクのリボン。それが決まったらラッピングペーパー選びです。小悪魔のイメージなので甘い雰囲気にならないよう、黒と白の縞々できゅっと引き締める。包み方は華やかにボリュームを出したかったので、ふわっとトップを絞ってみました。

P1140445

ティンカーベルのタグはワイヤーで固定しているので、宙を舞っているような仕上がりです。
ペーパーはストライプの薄紙を2枚重ねて、カジュアルな雰囲気。

プレゼントの中身は珈琲ドリッパー。旦那さんと二人、休日にゆったりコーヒータイムを楽しんで欲しいなって思って。前に一緒にご飯を食べたときに珈琲を飲んでいるのは確認済み、形が美しくコンパクト、紙の珈琲フィルター不要な優れもの。自分用にもう1つ買ってしまったくらいに気にいりました。

P1140440

喜んでくれるといいな。

2015/03/09

布博へ行ってきました

すこし前の話になりますが布博へ行ってきました。
布博とは東京都調布市にある大好きな雑貨屋さん「手紙舎」が主催する、テキスタイル作家さんやブローチ作家さんを一同に集めたお祭りのようなもの。

お腹の子がもうすぐ10カ月目に入るので、さすがに安静にしておかないと駄目かしら…と諦めていましたが、うずうずが我慢できず足を運んでしまいました。無理はしない、混んでいたら帰るという約束を自分にして。

思った通り行ってみて良かったです!写真の通り商品の見せ方などとても参考になりました。
ブローチやアクセサリーは厚みのある抜型カードで固定して、イラストのデザインと関連づけする。はぁ~可愛い。こんな風にプレゼントされたらうっとりしてしまうだろうなぁ。

P1140284

肝心のテキスタイルは写真を撮り忘れてしまいましたが、布作家さんが自作したというブローチをパチリ。素敵な布を見つけたら、ひだを作ってブローチにしたり、首に巻いたり、色んな魅せ方があるな~と発見がありました。

P1140289

2015/03/04

雛まつりの折形

3年間通った折形教室も昨日のレッスンをもっていったんお休み。これから子育てがはじまるので外出が難しくなるためです。

折形とは和紙を使った贈りものを包む作法のこと。室町時代に武家礼法として足利義満が制定し、武家社会のなかで門外不出として伝承されてきました。現代ではお祝儀袋をイメージすると分かりやすいと思います。

折形では自分より相手を気遣う大切さなど、いろんなことを教わりました。おめでたい行事のとき「右前」、不祝儀のときには「左前」にして包むと聞いたことがあるかと思いますが、右前にするのは南の方角を向いて、包みを開けると東から太陽の光(神、幸せ)が降り注ぐという意味があり、不祝儀の左前は悲しみで太陽に背を向けている(心を閉ざす)の意味があります。

祝儀のときに新札を包むのも、嬉しい気持ちを心待ちにしていた表れであり、逆に不祝儀は突然のことで準備できないため皺の入ったお札を使います。薄墨で表書きするのも、涙で墨がにじむという意味ですが、相手に寄り添い、悲しみを分かち合うことができる優しさを持つ、そんな感性があるのは日本人ならではのような気がします。

これはほんの一例ですが、折形礼法にはすべて意味があり、神道や自然界との深い繋がり、和紙の素材、日本人の精神性などを学んできました。しばらく通えなくなるのは少し寂しいですが、またいつか通うことができる日を楽しみにしていきます。そして贈りもの扱う仕事をしている自分にとって、包みの文化に触れることができたのはとても幸せな時間でした。

折形について学んでみたい方は山根折形教室を覗いてみてください。

写真:昨日は雛まつりでした。お家に小さな雛人形と庭に生えた蕗の薹を飾りました。春は間もなくです。折形は雛節句の祝い包みです。ひし餅の形、中にはきな粉を入れます(本当は白色もあったけど人にあげてしまった)。お雛様の飾りにひし餅がありますが、ひし餅にきな粉をかけて食べるんですよ~!